マインド

[解決法]時間を早く感じてしまう時間汚染とは[マインド]

時間を早く感じてしまう時間汚染とは

こんにちは、えいとです。

ここ一年時間があっという間に過ぎてしまうのはなぜ??

 

こういった悩みの原因を解消していきます。


結論から言いますと、時間が早く過ぎ去ってしまう原因は


「時間汚染」が原因で時間がいつもより早く感じてしまいます。


今回はなぜ、時間汚染が起きるのかや解決法に関して解説していきます。

 

時間汚染とは?

 

時間汚染とは自分自身が思っていたよりも早く時間が過ぎ去ってしまう現象の事です。


時間が足りないと考えすぎる事により生産性を下げ仕事の効率を下げる事があります。

 

時間汚染の原因の一つは「マルチタスク」

 

時間汚染の要因の一つは「マルチタスク」です。

 

マルチタスクとは、1日の間に集中している時間や一つの事に長い時間を取り組んでいる感覚がなくなってしまう事です。

 

ついつい、スマホを手に持ちLINEを見てしまったり、本来やるべき内容以外に目がいってしまい作業が中断される事などです。


結果的に時間があっという間に過ぎ去ってしまい、時間が無い事への焦りが生じてしまうのです。


焦りが生じてしまうと人は行動が出来なくなってしまう傾向があります。

 

マルチタスクを減らし集中力を上げる方法

 

時間を無駄にせず集中力を上げ作業をするにはマルチタスクを減らす必要があります。


マルチタスクを減らす方法は「シングルタスク」を心がける事が大切になってきます。

 

シングルタスクをやる際に注意すべき事

 

シングルタスクを心がけるには


一つの作業を決めたのであれば、終わるまで違う作業に手を出さないようにする


事が大切です。


その際に、注意や意識するべき点は。

・休憩をする際は、スマホや本などは触らない事が大切。
・散歩や考え事などする事は大丈夫です。

 

上記2点です。

まとめ

 

ここまで、時間を早く感じてしまう時間汚染への解決法に関して解説してきました。


シングルタスクを心がける事が出来れば時間を効率よく無駄にせずに作業が出来るので心がけていきましょう。