コピーライティング

[3つのNOT]売れる文章を書く仕組みを詳しく解説[コピーライティング]

[3つのNOT]売れる文章を書く仕組みを詳しく解説[コピーライティング]

 

売れる文章を書くにはどうしたら良いのでしょうか?

 

今回は、こんな悩みを解消していきます。


3つのNOTを理解しておく事は非常に大切になります。


理由は、売れている文章を書いている人のほとんどが3つのNOTを理解している人なので、しっかり学んでいく必要があります。

  

3つのNOTとは

 

結論から言いますと3つのNOTは

 

あなたの書いた文章を

1:読まない
2:信じない
3:行動しない

 

事です。


この3つのNOTの壁を超える文章を書かないと、売れる文章を作成するどころか読者に読んでくれさえしません。

 

3つのNOT対策方法

 

読まない壁を突破する方法

 

興味を惹くキャッチコピーにする

 

読む人が興味を惹くようなキャッチコピーを書く必要があります。


有名なキャッチコピーですと

 

スピードラーニング

聞き流すだけで英語が身につく。

 

このキャッチコピーです。


いかにも興味をそそるようなキャッチコピーですよね。


このように、読者に興味をそそるようなキャッチコピーを書くのも必要になってきます。

 

最低限のポイントを抑えて文章を書く

 

最低限のポイントを抑えた上で文章を書いていく事も重要です。


最低限のポイントを抑えないで、文章を書いてしまうと読者に読まれない記事になってしまうので意識して書いていく事が大切です。


詳しくは下記記事で解説してあります。

 

気をつけておいた方が良い箇所

 

・具体例を入れる
・理由をつける
・改行を入れる
・難しい漢字はなるべく使わない
・結論から先に書く
・3行以上重ねて書かないようにする

 

信じない壁を突破する方法

 

売れる文章を書いていくには「信用を得る必要があります」


信用を得られなければ、すぐにサイトから離れてしまいますし売りたい商品も売れなくなってしまいます。

 

証拠を見せる

 

実際に信用を一番得られやすい方法は


「証拠を見せる」事です。


結果を出している事が分かれば人から信用されやすくなります。

 

曖昧な表現をやめる

 

信用を得るには抽象的な表現や曖昧な表現をやめる事です。


理由は、なるべく具体性を出して文章を書いた方が見た人も納得しやすいからです。

 

数字を使用すると具体性がより出ます

 

行動しない壁を突破する方法

 

簡潔に書く

 

読者に行動を促すためには、なるべく簡潔に書く事が大切です。


人は複雑な事ほど遠ざけたくなる生き物なので、分かりやすく簡潔に書く事が大切なのです。


具体的に書きますと

 

・1ヶ月間無料でお試し
・3分で登録完了

 

このような感じで書いていくと行動を促す事が出来ます。

 

疑問点をなくす

 

読者が感じた疑問点を全て解決させる事も大切になってきます。


なぜなら、疑問点を抱えたままだと読者は「購入する」というアクションが起こせないのです。

 

[3つのNOT]売れる文章を書く仕組み:まとめ

 

1:読まない
2:信じない
3:行動しない

 

ここまで上記3つのNOTについて詳しく解説してきました。


ブログを書いていく上でも3つのNOT(コピーライティング)の壁を超える事は重要になってくるので意識して記事を書いていきましょう。