SEO

WordPressとエックスサーバーをSSL化させる方法[(httpからhttps)SEO効果あり]

WordPressとエックスサーバーをSSL化する方法[(httpからhttps)SEO効果あり]

WordPressをSSL化したいです
SSL化ってSEO対策になるの?

 

こんな悩みを解消していきます。


SSL化とはネット上でのデータ通信を暗号化することによって盗聴や不正行為を防ぐ仕組みです。


SSL化されたサイトのURLは「https」から始まっていてアドレスバーが鍵マークになっているのが特徴です。 

 

また、SSL化する事によってSEOを強めることも出来ます。


それでは詳しく解説していきます。

 

WordPressとエックスサーバーをSSL化する方法

 

1:エックスサーバーをSSL化
2:WordPressをSSL化
3:常時SSL化

 

上記3つの手順で解説していきます。

 

エックスサーバーをSSL化

 

エックスサーバーにログインします。

 

 

「サーバー管理」をクリック

 

 

 ドメインの「SSL設定」をクリック

 

 

 

SSL化を設定するドメインを選択する

 

 

「独自SSL設定追加」をクリックし「確認画面へ進む」をクリックする。

 

 

「追加をする」をクリック

 

 

「反応待ち」が消えればエックスサーバーのSSL化が完了です。

 

WordPressをSSL化

 

 

WordPressにログインしていただき「設定」➡︎「一般」をクリックする。

 

 

上記画面のように「WordPressアドレス」「サイトアドレス」の「http」の後に「s」をつけましょう。


付け足しましたら「変更を保存」をクリックします。


これでWordPressのSSL化は完了です。

 

常時SSL化

 

次に常時SSL化を設定していきます。


常時SSL化とは、セキュリティを向上させるためにインターネット上の通信を暗号化していく事です。

 

 

「.htaccess編集」をクリック

 

 

常時SSL化するドメインを選択する

 

 

「.htaccess編集」をクリックします。


次に赤枠で囲っている箇所の上に下記文字コードをコピペします。

 

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

貼る前に.htaccessの文字をメモに保存おくとやり直しがききます

 

「確認画面へ進む」➡︎「実行する」をクリックすれば常時SSL化は完了です。

常時SSL化を確認するには自分のアドレスを検索し

・南京錠マークが付いている
・URL欄にhttpsになっている

 

上記2点どちらかが付いていれば常時SSL化は完了となります。

 

常時SSL化にならない場合

常時SSL化設定をしアドレスを確認してもSSL化にならない時もあります。


常時SSL化されない原因の多くは画像が「http」のままになっている事が多いので画像を使用し解説していきます。

 

 

「投稿」から記事の編集をクリックします。

 

投稿画面右上の「縦3つの点」➡︎「コードエディター」をクリックする

 

 

文字検索で「http」といれ該当したhttpの後に「s」をつけ「https」にします。

 

文字検索コマンド

windows:「ctrl」「F」
mac:「command」+「F」

 

これで完了となります。


SSL化を反映するのに1日はかかってしまうので、反映されるまで待ちましょう。

 

まとめ

 

SSL化する事によって

 

・検索エンジンの上位表示されやすくなる
・警告表示によるユーザーの離脱を防ぐ

 

上記2点もメリットがあるのでしっかりとSSL化しセキュリティを強めていきましょう。