SEO

[パンダアップデート対策]Googleに評価されるサイトの作成方法[SEO対策]

[パンダアップデート対策]Googleに評価されるサイトの作成方法[SEO対策]

パンダアップデートって何?
どう対策したらよいの?
特徴はなんでしょうか?

 

こんな質問に回答していきます。


パンダアップデートとはGoogleアルゴリズム変換のことです。


この仕組みを理解する事によって対策ができ、SEOをより強める事ができます。

 

・パンダアップデートの意味
・Googleの25の指標(アルゴリズム開発)
・パンダアップデートの対策方法

 

パンダアップデートの仕組みはどうなっているのかや対策方法について詳しく解説していきます。

 

パンダアップデートの意味

  

パンダアップデートとは良質なサイトの順位を上げる事を目的としたGoogleアルゴリズム変換の事です。


低品質なサイトの順位を下げる事にも繋がってくるのでしっかり対策をしていく必要があります。

 

パンダアップデートを理解する事はSEOを強める事にも大きく繋がってきます

 

Googleの25の指標(アルゴリズム開発)

 

Googleが評価する項目について詳しく解説していきます。


今回は25の指標のうち、より重要な項目8点を解説していきます。

 

1:信用性
2:理解力
3:オリジナルな記事
4:誤字脱字
5:価値ある情報か
6:広告の量
7:文章の内容
8:不満を感じるかどうか

 

信用性

 

自分が書いた記事に信用性があるかどうかです。


信用できないような内容は書かない事が大切です。

 

理解力

 

記事を理解して書いているかどうかです。


あやふやな内容で記事を書いてしまうとGoogleから評価されないので理解をしてから記事を書いていく必要があります。

 

オリジナルな記事

 

複製された記事ではないかという事です。


他人のブログを完全にコピペしてしまうと検索結果で上位表示するどころかSEOが弱まってしまうのでオリジナル性が出ている記事を書いていく必要があります。


自分の体験談や具体例を入れる事によって、オリジナル性を出す事が出来ます。

 

誤字脱字

 

誤字脱字がないかもgoogleからの評価に繋がってきます。

 

誤字脱字が多い➡︎読者から読まれにくくなる➡︎サイト滞在時間低下

 

このようにSEOも弱まってしまうので文章を書き上げた後はしっかり誤字脱字の確認をする必要性があります。

 

価値ある情報か

 

記事を読んだ読者が価値を感じるかどうかです。


価値のない記事を書き続けてしまうと、サイト自体にも来なくなってしまうケースもあるので「ユーザー目線で記事を書く」事が重要になってきます。

 

広告の量

 

広告の量が多すぎないかどうかです。


無駄に多く広告を載せすぎたりしてしまうとGoogleからの評価が落ちてしまうので適当に載せるのは辞めましょう。

 

文章の内容

 

これは文章の内容がしっかりしているかどうかです。


無駄に長い文章だったり適当な記事を書いてしまうと、ユーザーも文章を読み取りにくいですし読みたい気持ちすらなくなってしまうので「ユーザーの離脱」にも繋がってきます。

 

読まれやすい文章構成を作るコツを下記記事で解説しています

 

 

不満を感じるかどうか

 

これはサイトのページを見たユーザーが不満を感じるかどうかです。


不安を持たれるサイトには必ず原因があります。

 

・ユーザー目線で記事を書いていない
・文章がしっかりしていない
・信用性がない

 

上記3点が不安も持たれやすい特徴があります。

Googleに評価されやすいサイトを作成するためにもユーザーの不安を取り除いてあげる必要があります。

 

パンダアップデートの対策方法

 

アルゴリズム開発についてここまで解説していきました。


これからの時代は、益々良質なコンテンツだけが生き残っていくサイトが上位表示されるようになります。


記事を書く上で最も重要な対策方法は、読者の「求めている事」「悩み」を理解し文章にする事が大切ですので意識して書いていきましょう。