SEO

画像を圧縮してブログの表示速度を上げるプラグインを紹介(WordPress)[SEO対策]

画像を圧縮してブログの表示速度を上げるプラグインを紹介(WordPress)[SEO対策]

画像圧縮って何?
SEO効果はあるの?
画像を圧縮する方法は?

 

こんな悩みを解消していきます。


結論から言いますと、画像圧縮する事によりSEO対策にも繋がってきます。


また、画像圧縮をすると画像のサイズを軽くする事が出来るので、サイトの読み込む速度も早くなり様々なメリットを得られる事が出来ます。

 

・画像圧縮の意味
・画像圧縮はSEO対策に繋がる
・画像圧縮ができるプラグイン

 

今回は、上記3点について詳しく解説していきます。

 

画像圧縮の意味

画像圧縮

 

画像圧縮とは画像のデータを小さくする事です。


見た目はほぼ変わらずにページの表示速度をを早くしてくれるのが特徴です。

 

画像圧縮しないと上位表示しにくくなってしまう

画像圧縮

 

サイトの読み込む速度が遅いとSEOが弱まってしまうケースもなります。

正確にインデックス登録されるようにモバイルサイトを設定する


モバイルサイトのセットアップにどのような設定を選んでいるかにかかわらず、注意すべき重要な点があります。


5.ユーザーが快適に利用できないモバイルページは、モバイルの検索結果で掲載順位が下がったり警告が表示されたりします。たとえば、モバイルのページ全体に表示され、ユーザー操作の妨げになるインタースティシャル49が挙げられますが、これに限定されません。

search console ヘルプ

 

search consoleヘルプによると「ユーザーが不安を持つページはサイトの順位が下がり警告を受ける」と書かれているように画像圧縮はしておかないとデメリットだらけになってしまいます。

 

画像圧縮はSEO対策にも繋がる

画像圧縮

 

画像圧縮する事によりSEO対策にも繋がってきます。

得られるメリットは下記2点です。

 

・表示速度が早くなる
・滞在時間が伸びる

 

上記について詳しく解説していきます。

 

表示速度が早くなる

 

画像圧縮する事によりサイトの表示速度が早くなるのが特徴です。


サイト表示速度が早くなると読者の離脱率が下がるのでSEOを強める事ができます。

 

ユーザーが待つ平均時間:2秒
ユーザーの過半数が離脱する時間:4秒

 

上記のようにサイトを表示するのに4秒もかかってしまうと50%以上も人が離脱してしまうのです

 

滞在時間が伸びる

 

画像を圧縮する事によってサイトの表示速度が上がるので読者もストレスを感じる事がなく、記事を読む事が出来ます。


ストレスを少しでも減らす事により離脱率を下げページの滞在時間を伸ばす事が出来るのです。

 

画像圧縮ができるプラグイン

EWWW

 

画像圧縮が可能なプラグインを紹介していきます。


今回紹介するプラグインは「EWWW image Optimizer」という画像圧縮プラグインです。

 

EWWW image Optimizer

 

「EWWW image Optimizer」の特徴は設定をするのに3分以内ででき簡単に画像圧縮を出来る点です。


また、設定をした後は今までの画像をまとめて圧縮してくれるのと画像を入れるだけで勝手に画像を圧縮してくれるので効率よく画像の圧縮をする事が出来ます。

 

画像を圧縮し表示速度を上げていこう

まとめ

画像を圧縮する事は

 

・読者の滞在時間を上げる事
・サイトの順位を下げない事

 

上記2点も効果があるのでしっかり対策をしていきましょう。