マーケティング

クリックしたくなるCTAとは?効果的に読者を行動させる2つの方法と4種類を紹介

クリックしたくなるCTAとは?効果的に読者を行動させる2つの方法と4種類を紹介

CTAの意味って何?
CATの種類は?
CATを上げる具体的な方法を教えてください

 

こんな悩みを解消していきます。


結論から言いますと、CTAとはユーザーに行動を起こさせるために様々な手法を使用し誘導させる事です。


LINE@で例えますと、「登録者限定で無料レポートを配布」などです。


今回はCTAの意味と種類及び具体的な方法を詳しく解説していきます。

 

CTAの意味

CTAとは様々な方法でユーザーに行動を促す事です。


CTAは成約率を上げる上では欠かせない要素になります。

 

CTAの種類

・コンテンツに誘導
・内部リンクへ誘導
・SNSへ誘導
・販売したい商品へ誘導

 

上記4点です。

それでは下記で詳しく解説していきます。

 

コンテンツに誘導

 

メルマガなどの自分専用のコンテンツに誘導する事です。

コンテンツの種類としましては

 

・メールマガジン
・LINE@
・chatwork

 

上記3点です。


上記3点の中でもメールマガジンはLINE@よりも商品が売れやすい特徴があります。

 

メールマガジン

 

メールマガジンは通称DRMというビジネスモデルで呼ばれています。

DRMの特徴は「集客」「教育」「販売」を自動で行ってくれるのが特徴で成約率が他のコンテンツよりも高いのが特徴となっています。


また、自分の商品を販売する事ができアフィリエイトと違い報酬額が100%貰えるのも特徴です。

 

内部リンクへ誘導

 

記事を読み終わった後に関連記事へ紹介し誘導する事です。


内部リンクへ誘導することによって、アクセスアップに繋がりSEOも強める事が出来ます。

 

上記画像のように関連記事へ記事へ誘導させます。 

 

SNSへ誘導

 

TwitterやYoutubeなどのSNSへ誘導する事です。

 

ブログ読者さん必見!

ブログでは発信していない有益な情報をTwitterで発信しています

Twitterアカウントはこちら

 

上記のように、記事の最後に入れると効果的にフォロワーを集める事が出来ます。

 

販売したい商品へ誘導

 

アフィリエイト商品や独自商品を購入していただくよう誘導する事です。


商品を購入していただけるようにするには、商品を販売するための文章術「コピーライティング」を学ぶと効率よく販売する事が出来ます。


コピーライティングに関しましては下記記事で詳しく解説してありますので是非ご活用ください。  

[3つのNOT]売れる文章を書く仕組み[コピーライティング]

CTAを上げる方法

・色を変更する
・ボタンに行動を促す文字を入れる

 

CTAを上げる具体的な方法は上記4点です。

では具体的に解説していきます。

 

色を変更する

 

文字の色を変更することによってCTAを上げる事ができ、商品の成約率も上がります。


クリックされたいボタンや文字は「青色」を使用することをオススメしています。

 

青色を使用することにより信用を得やすくなり怪しさをなくす事ができるのです

 

ボタンに行動を促す文字を入れる

 

CTAボタンに行動を促すような文字を入れる事によりクリック率を上げる事が出来ます。

具体的には

 

登録者限定!無料レポートを配布中/登録は3ステップで完了

 

上記のように、より相手に取ってもらいたい行動を具体的に書くとクリック率を高める事が出来ます。

 

無料でA8.netに登録する

 

CTAのクリック率を効率よく上げていこう

 

・色を変更する
・ボタンに行動を促す文字を入れる

 

CTAを上げるには上記2点を意識していく必要があります。

また、商品を販売するための文章術「コピーライティング」も学んでおくと、よりクリック率の高い文章を作成する事ができるので、どんどん活用していきましょう。